【業務スーパー】冷凍のまぐろたたきの解凍方法は?作れるレシピや量も徹底レビュー!

冷凍マグロたたき冷凍食品

業務スーパーの冷凍コーナーで「冷凍まぐろたたき」を購入しました。

気になる味は?
どのくらい量あるの?
解凍・保存方法は?

ということで、商品の詳細を正直にレビューします!
購入の際の参考になれば、幸いです。

スポンサーリンク

まぐろたたきの価格をチェック!

マグロたたき

冷凍まぐろたたきは、冷凍食品のお魚コーナーで発見!
商品の詳細は、こちら。

価格:498円(税抜)
内容量:250g
産地:国産
製造:マルハニチロ

隣には、同じ内容量・価格・チリ産で「サーモンたたき」が販売されていました。
サーモンたたきのレビューはこちら。

「マグロたたき」は、ツナ缶や冷凍食品でお馴染みのマルハニチロ製造です。
国産マグロ使用&国内製造でこの価格は、かなり安いと思います。

まぐろたたきの解凍方法は?

商品の裏には、「お召し上がり方」が載っています。

袋のまま、完全解凍してから開封します
お昼頃に冷凍庫→冷蔵庫に移動し、約5時間経ったものがこちら。

半解凍でしたが、手の熱でほぐしながらお皿に移すと、綺麗な赤色になりました!
袋にも「空気に触れてから30分で鮪が赤の赤い色に戻ります。」と書いてありました。

角切りのマグロもゴロゴロ入って、美味しそうです。

まぐろたたきの気になる味は?

さっそく、マグロを軍艦巻きにして食べてみます。

マグロ軍艦巻き

トロッとしたタタキの中に、ゴロッとしたマグロが加わって、美味しいです。
味は、100円チェーン回転寿司の「軍艦ねぎまぐろ」とほぼ変わりません!
回転寿司に行くと、予約していても30分ぐらい待つことがあるので、家でマグロ寿司が楽しめるのは嬉しいですね♪

お子さんがいたら、「お寿司屋さんごっこ」で盛り上がりそう!
手巻き寿司も楽しかったです。

手巻き寿司具材
写真は、マグロのたたき約125gの量です。
手巻き寿司

まぐろたたきのレシピとそれそれの分量は?

作れる分量の目安は、こちら。

軍艦ねぎまぐろにすると、1貫15g使用で、約16貫
ねぎとろ丼にすると、1人前125g使用で、約2人分
ねぎとろ巻きにすると、1本100g使用で、約3本

定番のネギトロ丼にするなら、2人分!
5人家族だと2袋は必要かもしれませんね。
ネギをたくさん混ぜる他の具材でかさ増しするのがオススメです。

我が家では、週1でお寿司欲がやってくるので、手巻き寿司&軍艦にするのが定番♪スーパー&外食するより安くて助かってます!

大好きなスシローのお持ち帰り記事は、こちら。

Instagramでは、業務スーパーの商品レビューや簡単レシピを投稿中!
フォローしていただけると、嬉しいです♪

冷凍まぐろたたき まとめ

税抜金額:498円|内容量:250g|国産|おすすめ度:★★★★

オススメ度は、1度は試して欲しい★4つ
マグロたたきはリピ買い商品です。

・マルハニチロ製造で安心
・内容量250g、マグロは国産で498円と安い
・形が残ったマグロもゴロゴロ入ってる
・味は、スシローのマグロ軍艦巻きと同じ味
・特になし

コメント

タイトルとURLをコピーしました