【抱っこ紐】使うシーンで考える選び方のポイントとエルゴベビーのレポ

出産/育児

抱っこ紐選びに悩んでいる方へ!

選び方とエルゴベビーのレポをまとめました。

スポンサーリンク

抱っこ紐はいつ準備すればいい?

生活スタイルにより異なりますが、産前に目星をつけておいて、産後に購入する方が多いようです。

生後1ヶ月はほとんど外出できないので、焦る必要はありません。

赤ちゃんが外出する1ヶ月検診のとき、大半の方がおくるみで来られてました!

私は、1ヶ月健診後に購入しましたが、十分間に合いました!

抱っこ紐の選び方

抱っこ紐の種類

抱き方に分けると、縦抱き、横抱き、前抱き、おんぶ抱き、腰抱き5種類があります。

すべての抱き方ができる5wayタイプの多機能抱っこ紐もあります。 

同じメーカーの抱っこ紐でも、新旧モデルできる抱き方が異なる場合があるので、きちんと確認してから購入しましょう!

抱っこ紐を使うシーンを考える

車移動が多い場合、抱っこ紐はそんなに使わなかったという先輩ママもいます。

その場合は、装着時間のかからない抱っこ紐が適しています。

交通手段が電車・バス、徒歩で買い物など多くの場所で使う場合、長時間着用しても疲れにくい丈夫な抱っこ紐を選ぶといいでしょう。

実際に使ってみた!エルゴベビーのレポ

\実際に購入したのはこちら!/

created by Rinker
¥25,300(2019/11/18 17:11:27時点 楽天市場調べ-詳細)

エルゴベビーのアダプトタイプは、縦抱き、腰抱き、おんぶ抱きに対応しています。

また、新生児から20㎏の子に対応しているため、長く使える点でも決め手になりました。

最初に説明書をみて、新生児サイズに調節をしてから使用します。

マジックテープになっていて強度が少し心配になりましたが、普通のマジックテープとは違い簡単には外れませんでした。

子どものサイズに合わせて、
赤色から黄色、青色とマジックテープを付け直します。

装着方法は、説明書よりもこちらの動画が1番わかりやすかったです。

正直、最初は難しい!と思いましたが、2・3回使う内に慣れました

ERGO BABY(エルゴ ベビー)対面抱っこ【ベビー用品】

腰と肩でしっかり支えられているので、散歩や買い物で3時間程使用しても肩への負担は少なかったです。

結果、エルゴにして正解でした!

抱っこ紐のおすすめはこれ!

created by Rinker
¥25,300(2019/11/18 17:11:27時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました