【業務スーパー】100円でサーモン丼が作れる!?小分けパックが嬉しいトロサーモンをレビュー

トロサーモン冷凍食品

業務スーパーの冷凍コーナーで「冷凍トロサーモン」を購入しました。

気になる量や味は?
解凍・保存方法は?

ということで、商品の説明や食べた感想を正直にレビューします!
購入の際の参考になれば、幸いです。

スポンサーリンク

トロサーモンの価格をチェック!

冷凍トロサーモンは、冷凍食品のお魚コーナーで見つけました。
商品の詳細は、こちら。

トロサーモン外装
価格:298円(税別)
内容量:180g
産地:ベトナム

トロサーモンは、180g・298円で販売されています。
産地は、ベトナム。サーモンはチリ産・ノルウェー産が多いので珍しいですね。
もしかしたら、加工場所がベトナムなだけで、サーモン自体はノルウェーかチリ産かもしれません。

あと、私は見たことがありませんが、同じパッケージ・価格で「炙りトロサーモン」もあるようです。

トロサーモンの原材料・カロリー・賞味期限

はじめに、パッケージ裏の説明をチェック!

トロサーモン説明

名称は、ハラス切り落とし。
原材料は、「アトランティックサーモン、食塩」となっています。

アトランティックサーモンとは?
 別名「タイセイヨウサケ」
 市場に流通する大半が養殖物である。

Wikipedia引用

アトランティックサーモンは、日本でも多く流通されている品種。
トロサーモンは、お腹の脂がたっぷりのったハラス部分のみ使用されています。

トロサーモンカロリー

なので、カロリーは少しお高めの258cal。

賞味期限は、2020年8月に購入して2022年5月1日となっていました。
刺身なのに、約1年8ヶ月も持ちます。

トロサーモンの中身をチェック!

トロサーモン真空パック

袋を開けると、真空パックされたトロサーモンが3袋入ってます。
1袋60gなので、1食約100円の計算になりますね。
使いやすい個包装なのも高ポイントです!

トロサーモンの解凍方法は?

解凍方法についても、袋の裏面に記載してありました。

トロサーモン解凍方法

冷蔵庫で半解凍がベストのようですが、急ぐ場合は、流水で半解凍することもできます。

ただ、風味が落ちてしまうので、解凍したらすぐ食べるのがいいらしい。

さっそく、解凍してみた!

トロサーモン解凍

解凍方法の2パターンを試してみました。

冷蔵庫で半解凍する場合は、食べる前の約2時間前に冷凍庫→冷蔵庫へ
流水の場合は、約10分で解凍できました。

トロサーモン中身

袋から出したサーモンの写真です。
8切れと欠片が入っていました。

分厚いんですが、大きさは小さいので、寿司などにするにはちょっと難しいかもしれません。

トロサーモンレシピ

オススメのレシピ一覧だと、お刺身、海鮮丼、サラダ、パスタのトッピングが無難かな~と思いました。

トロサーモン丼を作ってみた!

今回は、トロサーモン丼にして食べてみました。

トロサーモン丼ぶり

下のご飯は、酢:砂糖を1:1の分量で混ぜた酢飯にしました。
あとは、サーモンを並べて、お好みでネギや海苔、大葉をかければあっという間に完成です!

トロサーモン丼

食べてみると、脂がのったトロサーモンが一瞬で溶けて美味しいです!
臭みもなく、ハラスを思う存分に堪能できるかと思います。

ただ、脂身が多いので、好みは結構分かれるかもしれませんね。
ワサビ多めでいただくと、美味しかったです。
量は少ないかな~と思っていたのですが、私は60gで十分だと思いました。

刺身が食べたくなったとき、重宝しそうです。

大好きなスシローのお持ち帰り記事は、こちら。

Instagramでは、業務スーパーの商品レビューや簡単レシピを投稿中!
フォローしていただけると、嬉しいです♪

トロサーモン まとめ

税抜金額:298円|内容量:180g|ベトナム産|おすすめ度:★★★☆
(★4つ→リピ確定、★3つ→美味しい、★2つ→好みが分かれる、★1つ→ごめんさい…で評価)

脂身が多くて好みが分かれそうだけど、個人的には★3つ!
トロ系が好きな方は、ぜひ試してみて下さい。

・1食約100円と価格が安い
・3袋の小分けパックが使いやすい
・ハラス部分のみ使用で脂が濃厚
・ワサビや薬味と食べると美味しさUP
・脂身が多いので、好みは分かれそう

コメント

タイトルとURLをコピーしました