【業務スーパー】白身フライは何の魚?気になる味をレビュー

冷凍食品

業務スーパーの冷凍コーナーで「白身フライ」を購入しました。

気になる味は?

ということで、商品の説明や食べた感想を正直にレビューします!
購入の際の参考になれば、幸いです。

スポンサーリンク

白身フライの価格をチェック!

【白身フライ】
価格:300円(税込)
内容量:10枚入り
原産国:中国

白身フライは、600g・300円。
10枚入りなので、1個当たり約30円の計算になりますね。

パン粉に包まれている状態で冷凍されているので、揚げるだけで1品になる優れもの。お弁当にちょうどいいサイズの「お弁当用白身フライ」も同じような価格で販売されていました。他には「まぐろカツ」「アジフライ」など種類豊富に揃っています。

白身フライは何の魚?

白身フライって何の魚なの?と思い、原材料を確認!
「ブルーホワイティング…?」
初めて聞く名前で、思わずググりました。(笑)

大西洋北東部に生息する魚
魚は通常新鮮な状態で販売されていませんが、魚粉と油に加工されています。
しかし、ロシアや南ヨーロッパでは、タスダラが食用魚として販売されることがあります。

ウィキペディア引用

大西洋で獲れた魚を中国で加工しているようです。
日本では、白身フライでよく使われているようなので、私たちも知らないうちに食べているかもしれませんね。イオンの「白身フライ」もブルーホワイティングが使用されているそうです。

白身フライの中身をチェック!

袋を開けると、均等サイズの白身フライが入っています。揚げるだけなので、忙しい日のメイン料理として大活躍!お弁当にもピッタリです。

白身フライの揚げ時間は何分?

油で揚げる場合は、凍ったまま170℃の油で本品2枚あたり約3分半と書いてあります。
少量の油の場合は、きつね色になるまで加熱します。

卵焼き専用のフライパンで、焼いてみました。
少量の油でも、10分前後でこんがり仕上がりました。

白身フライの気になる味は?

まずは何もつけずに食べてみると、衣はカリっと、白身魚は臭みもなく美味しいです。
骨も入ってないので、お子さんも食べやすいですね。

正直なところ魚の身より衣が分厚いですが、揚げたてだとお弁当に入っている白身フライより美味しいです。揚げ物が食べたい!ってときは、また購入しようと思います。

クセが無いので、カレートッピングにしても美味しかったです。

カレー

まぐろカツのレポはコチラ☟

Instagramでは、業務スーパーの商品レビューや簡単レシピを投稿中!
フォローしていただけると、嬉しいです♪

白身フライ まとめ

税抜金額:300円|内容量:600g|中国産|おすすめ度:★★★☆
(★4つ→リピ確定★3つ→美味しい、★2つ→好みが分かれる、★1つ→ごめんさいで評価)

オススメ度は、★3つでした。

・1個あたり約30円と激安
・揚げるだけで1品になる
・揚げ時間は少量の油で約10分
・魚に骨や臭みがなく、美味しい
・衣が分厚い

コメント

タイトルとURLをコピーしました