【体験談】生後10ヶ月で夜間断乳から卒乳へ!2回の失敗談と成功方法をレポートします!

夜間断乳出産/育児

こんにちは!
生後10ヶ月の娘をもつママです。

多くのママが悩む問題!夜間断乳!
私もその1人でした。

夜間断乳に挑戦すること2回…見事に失敗して、もうずっと添い乳でいいやと諦めていましたが、3回目の挑戦でついに成功!
そのまま卒乳することができました。

そこで、失敗経験をふまえて夜間断乳のポイントをまとめました。

夜間断乳で悩んでる方の参考になれば、嬉しいです。

このブログでは、こんなことを書いています。

・私が夜間断乳に失敗した理由
・夜間断乳がスムーズに始められる時期のチェックポイント!
・オススメ!私が試した夜間断乳の方法!
・夜間断乳したら夜泣きがなくなるって本当?
・夜間断乳のポイントまとめ
スポンサーリンク

私が夜間断乳に失敗した理

私は、夜間断乳に3回挑戦しました。
挑戦した時期はこんな感じ。

1回目:生後4ヶ月  4週間ジーナ式に挑戦して失敗
2回目:生後8ヶ月  4週間ジーナ式に挑戦して失敗
3回目:生後10ヶ月   夜間断乳に見事成功!

その時の経験を詳しく話していきたいと思います。

生後4ヶ月~8ヶ月の夜間断乳の失敗

娘の起きる回数は、3~5回程度。
添い乳でしか寝かしつけできず、抱っこすると反り返って泣くタイプでした。

また、成長に伴って大きくなる声のボリューム!
そんな時期に義実家へお泊りをすることに。

これは、マズイ。お泊りまでに何とかしなければ。

ということで、4週間ほどジーナ式を試しました。
が、全く効果が表れず…。
1週間ほどで夜間断乳に成功した!という体験談をよく見かけますが、娘の場合はあまり変わりませんでした。

あまりにも泣き声が大きくて、車に乗ってドライブしたこともあります。
その時は、2時間ほど泣いて寝ていましたが、
ホントにこんな方法でいいの?
辞めた方がいいんじゃない?
…なんて思うことが、しょっちゅうありました。

結局、お泊り中は添い乳でやり過ごし、そのまま失敗。
生後8ヶ月でもジーナ式に再挑戦しましたが、こちらも失敗に終わります。

3回目の挑戦でついに夜間断乳成功へ!

お泊り行事を終わったし、ずっと添い乳でもいっか!

ネットで調べると、2歳まで授乳している方もいるみたいで気楽に考えていました。
娘が嫌になるまで、とことん授乳するんだー!と思っていた矢先。

生後10ヶ月になった娘は、歯が6本生えて授乳中に噛む癖がついてしまいました。

めっちゃ痛い。これは、卒乳するしかない。

重い腰を上げて3回目の夜間断乳&卒乳に挑戦し、ついに成功!
これから私の失敗を踏まえて、夜間断乳の攻略法を紹介します!

夜間断乳がスムーズに始められるタイミングのチェックポイント!

私が夜間断乳を失敗した理由を振り返ると夜間断乳を始めるタイミングではなかったが1番大きいです。

夜間断乳を始めるタイミングは一般的には1歳前後が多いようですが、赤ちゃんによってタイミングは異なるので、ぜひ4つのポイントをチェックしてみて下さい。

夜間断乳を始めるタイミングは本当に大事!
私は無理に夜間断乳を進めようとしたばっかりに、大変なストレスになりました。

夜間断乳を始める前にチェックしたい4つのポイント!

1.お水や白湯、お茶が寝ながら飲めるようになること
2.離乳食を3回食で食べられるようになること
3.昼寝・夕寝をしすぎていないこと
4.ずりばい、ハイハイなどで十分に体を動かしていること

1.寝ながらお水や白湯、お茶が飲めるようになること

夜間断乳の間に夜泣きをしてしまった場合は、水やお湯、お茶をあげることになります。
そのため、最低条件として「水やお湯、お茶を嫌がらずに飲めるようになること」があげられます。

娘の場合、哺乳瓶を嫌がる子だったので、スパウト→ストローで練習しました。

スパウトやストローは、シーンによって取り換えができるものが、便利です。

ポイントは、寝ながら飲ませること!
1度体を起こしてしまうと、次に寝付くまで時間がかかってしまいます。
抱っこで寝かしつけても、降ろすとまた泣いちゃった… なんて経験のある人が大多数だと思います。

そこで、水分補給をしつつも、寝ながらの体制を維持します!

娘の場合、最初は嫌がって全く飲みませんでした。

そのため、寝ながら飲めるように練習しました。
昼間にストローでミルクを飲むストローでお湯・水を飲む昼間も寝ながら飲む練習をする夜も寝ながら飲めるという段階を踏みました。

ここまで習得するのに、約3週間ぐらいだったかな。

いきなり夜間断乳はハードル高めなので、ぜひ練習してみて下さい!

2.離乳食を3回食で食べられるようになること

3回食になるのは、生後9ヶ月頃~とされています。

生後9ヶ月って長いな…
もっと早く夜間断乳したい!という方もいるかもしれませんね。
そんな方は、先ほど紹介したジーナ式という方法もあります。
ただ、私の場合はうまくいきませんでした。

今思うと、3回食になるタイミングまで待てば良かったですね。

3. 昼寝・夕寝をしすぎていないこと

夜間断乳に失敗していたときは、朝寝、昼寝3時間、夕寝10分など、自由にお昼寝させていました。
お昼寝が長くなった時は22時に寝たりと、とにかく不規則でした。

夜間断乳が成功したのは、規則正しい生活を送るようになってから!

具体的には、「昼寝は合計3時間以内」と決めて徹底しました。
すると、夜も比較的寝てくれるようになりました。

今でもたまに不規則になったりしますが、起こせる時はできるだけ起こします。
起こす方法は、コチラ!

・体を動かす
・外出する
・お気に入りの遊びをする
・30分ほど前倒しでご飯の時間にする

今では、21時に布団に入ると約10分で寝てくれます。

4.ずりばい、ハイハイなどで十分に体を動かしていること

娘の場合ですが、生後10ヶ月でハイハイするようになってから、何もしなくても夜泣きしない日がでてくるようになりました。
昼間にエネルギーを発散できるにようになったんですね。

夜泣きが0~3回に!
特に支援センターなどでいっぱい遊んで疲れたときは、よく寝てくれます!

・朝まで寝てくれる日が増えてきた
・夜泣きの回数が減ってきた

ポイントをクリアしたら、夜間断乳のGoサインです!

オススメ!私の夜間断乳の方法!

私が実践したオススメの夜間断乳方法を4つ紹介します!
ぜひ、赤ちゃんに合わせて効果がある方法を実践してみて下さい。

1.枕を変えてみる
2.寝る前にたっぷりとミルクを与える
3.夜泣きしてもまずは2~3分様子見する
4.寝ながらハグで耐える

1.枕を変えてみる

まず、最初に変えたのが寝る環境!
元々使っていた枕は、布団セットについていた小さいサイズでした。

大人も枕を変えたら熟睡できるようになったって聞くし、枕って重要なんじゃないかな?

そこで、大きい枕に変えてみました。
実際に使っているのが、コチラ。

元々、娘は寝相がかなり悪く、壁にぶつかって起きることがしょっちゅうありました。
が、枕を変えて、寝相が劇的に改善しました!
枕のレビューについては、こちら。

2.寝る前にたっぷりとミルクを与える

ミルクは授乳よりも腹持ちがいいとよく言われますよね。
夜間断乳の後に卒乳を考えたこともあって、寝る前はミルクに変更しました。

ちなみに、日中は授乳&ミルクの混合に。
そのおかげで、スムーズにミルクも飲んでくれていました。

3.夜泣きしてもまずは2~3分様子見する

夜泣きしたら、とっさに反応して授乳や抱っこしてあげたくなりますよね。
がここは我慢して、まずは2~3分様子見します。
ただ眠たくて泣いている場合は、すぐ寝てくれたり、声が小さくなったりします。

もし、泣き声がヒートアップするようなら、水分補給をします。
嫌がることもあるので、日頃から練習しておく必要があります。
練習方法は、コチラ

水が飲めるようになれば、夜間断乳も成功目前です!

4.寝ながらハグで耐える

水分補給もできたけど、夜泣きが終わらない…
1~2時間以上泣き続けている…という場合も出てくるかと思います。

そんな時は、とにかく耐えるしかありません!

寝ながらハグして、トントンして、子守歌を歌ったり♪
とにかく色々な方法を試しました。

娘の場合は、寝ながらハグが1番効果的だったように感じます。
今では、夜泣きしても10分以内に寝てくれるようになりました。

ここまで、約2週間!
3回目の挑戦は、短い期間で成功しました!

夜間断乳したら夜泣きがなくなるって本当?

夜間断乳をすると、まとまって寝てくれるってよく聞きますよね。
寝て欲しいという理由で、夜間断乳をする方も多いと思います。

が、娘の場合は、卒乳した今でも0~3回は起きます

アレ?この噂は嘘?
寝てくれるんじゃないの?

こういうケースもあるみたいです。泣
ただ、夜泣きしても10分程度で寝てくれるようになったことで、寝かしつけはかなり楽になりました。

夜間断乳に挑戦して良かったです!

夜間断乳のポイントまとめ

記事にした内容は、あくまでも娘の場合に限ります。
少しでも悩んでいる方の参考になれば、嬉しいです。

夜間断乳がスムーズに始められるタイミングのチェックポイント

1.お水や白湯、お茶が寝ながら飲めるか
2.離乳食をしっかり食べられるようになっている
3.昼寝・夕寝をしすぎていないか
4.ずりばい、ハイハイなどで十分に体を動かしているか
私のオススメの夜間断乳方法4つ
1.枕を変えてみる
2.寝る前にたっぷりとミルクを与える
3.夜泣きしてもまずは2~3分様子見する
4.寝ながらハグで耐える

コメント

タイトルとURLをコピーしました