【業務スーパー】1杯約30円のインスタントスープ2種(シーフード・トムヤム)を食べ比べ!気になる味をレビュー

インスタントスープ業務スーパー

業務スーパーで、タイ産「インスタントスープ(シーフート・トムヤム)」を購入しました。

 気になる味は?

ということで、商品の説明食べた感想などをまとめました。
購入の際の参考になれば、幸いです。

スポンサーリンク

インスタントスープの価格は?

業スーの冷凍コーナーの上棚で、タイ産のインスタントスープを発見しました。
商品の詳細は、こちら。

インスタントスープ2種食べ比べ
【インスタントスープ】
価格:97円(税別)
内容量:45g・3袋
原産国名:タイ

インスタントスープは、3袋/97円 です。
1袋あたり約32円の計算になります。

種類は、シーフード・トムヤム・グリーンカレーの3種類あるそうです。
グリーンカレーはGETできなかったので、今回は2種類のレビューします。

シーフードの気になる味は?

まずは、シーフードから開封!

シーフード外装

白い袋が3袋入っていました。
袋には商品名・賞味期限が書いてあるので、箱は捨てちゃっても大丈夫です!

シーフード3袋

ちなみに賞味期限は、2020年7月に購入して2021年6月23日までありました。
約1年持ちます。

カロリーは、1袋(15ℊ)あたり56cal。

シーフードカロリー

シーフードの原材料は、こちら。
エビ粉末やチーズ粉末が入っています。
粉末スープなので仕方ないですが、添加物は多い印象です。

シーフード原材料

中身はこちら。
緑色の正体は、チャイブというネギ属のハーブだそうです。

シーフード中身

表記どおり150mlのお湯を注ぎます。

シーフード溶けにくい

国内メーカーの商品よりもお湯に溶けにくいようで、少しダマになりました。
よくかき混ぜると、少しとろみが出てきます。

シーフード

食べてみると、エビの香りがふんわりして美味しいです。
ポタージュなので、全体的にまろやかな味。
辛さもなく、辛いのが苦手な方やお子さんでも食べれると思います。

ただ、辛口コメントすると、そこまで濃厚ではないかなと思います。
お湯の代わりに温めた牛乳を使えば、濃厚になりそうです。

また、クノールのカップスープに慣れている方だと、味が薄いと感じるかもしれません。

値段が高いので当たり前かもしれませんが、 粉スープは、やっぱりクノールのカップスープが1番美味しいと思いました。

トムヤムスープの気になる味は?

続いて、トムヤムスープを開封!

トムヤム外装

カロリーは、 1袋(15ℊ)あたり52cal。
シーフードが56calだったので、4cal低いです。

トムヤム原材料

原材料は、こちら。
エビ・唐辛子・しょうゆ粉末も入っています。

カップに移してみると、見た目はシーフードと一緒!
シーフード同様、ネギに似たハーブのチャイブが入っていました。

トムヤムスープ

食べてみると、辛いトムヤムスープが再現されていて美味しいです。
トムヤムスープに牛乳を混ぜたような風味で、飲みやすいと思いました。
ただ、辛いトムヤムスープが好きな方には、ちょっと物足りないかもしれませんね。

2つを飲み比べてみて、個人的にはシーフードの方が美味しかったです。
また、グリーンカレーがあったら挑戦してみようと思います。

インスタントスープ シーフード&トムヤム まとめ

税抜金額:97円|内容量:3袋|タイ産|おすすめ度:★★☆☆

オススメ度は★2つ!
トムヤムよりシーフードの方が美味しかったです。

・1袋約30円と安い
・タイ産の珍しい味の粉末スープ
・賞味期限は、約1年と長い
・気軽にタイ料理の味が楽しめる
・個人的にはシーフードの方が美味しかった
・粉末が溶けにくい
・そこまで濃厚ではない

コメント

タイトルとURLをコピーしました