【体験談】20代で3回転職した転勤族妻が本当におススメする仕事とは?

暮らし

転勤族の妻は、仕事探しに苦労しますよね。
夫の転勤で引越しするごとに仕事を辞め、また新しい仕事を探さなくてはいけません。

転勤族の妻として転職3回経験した私は、現在派遣社員をしながら、将来在宅ワークで稼げるように勉強しています。

色々試して失敗したこともあるので、悩んでる方の参考になればと思います。

スポンサーリンク

人気の資格について 

資格習得に関しては、簿記検定FP(ファイナンシャルプランナー)、保育士歯科助士医療事務あたりが人気で、勉強しようと考える方が多いのではないでしょうか。

私も同じで、簿記検定3級の資格を持っています。FP3級と保育士についても、数ヶ月勉強しましたが、途中でやめました。

なぜなら、資格を取って本当にその分野で仕事できるの?と疑問に思ったからです。

もちろん、簿記検定3級を持っていて、役に立ったこともあります。

でも、それは一般知識として役に立ったのであって、その資格を持っているから仕事ができたという訳ではありません。

それはFP3級も同様だと思いました。

保育士歯科助士医療事務について、これらの資格は経験がないと評価されません。

実際に働く時間が取れないの転勤族妻は、努力して資格に合格したとしても、取得しただけで終わってしまうことの方が多いです。

私のように「時間があるから」「不安だから」という中途半端な理由での資格習得は、おススメできません。1度、その分野で仕事ができるか?考えてみて下さい。

在宅ワークについて

在宅ワークは場所を選ばす転勤族の妻に向いている働き方です。

しかし、ライターやプログラミングなど、未経験者には少しハードルが高いです。
また、稼げるまでに時間がかかってしまいます。

でも、在宅ワークは転勤族に関わらず今後必ず伸びる市場なので、努力する価値は充分あります。

私も現在、こちらのブログという形で頑張っています。

在宅ワークについては、私の思いつくものをお手軽な順にまとめたので、興味のあるものにぜひチャレンジして下さい。

・メルカリで商品販売
・ココナラで得意なものを商品にする
・ポイントサイト
・テープおこし・文字おこし
・ブログの運営
・WEBデザイナー
・プログラミング
・YouTuber
・動画編集者

派遣社員について

在宅ワークは稼げるまでに時間がかかってしまう。そんな私が選んだ働き方は、派遣社員でした。

では、なぜ派遣社員として働いているのか。そのメリットを3つを紹介します。

転勤族が不利にならない

派遣社員は、いつ切られるかわからない不安定な仕事という点でデメリットですが、そこが転勤族妻にとっては有利に働きます。

お互い、いつでも切れる・切られても大丈夫な仕事だからこそ、転勤が理由で不利になりことはありません。

むしろ、地方の営業所などの場合、派遣を採用する決定権を持つ人は、本社から転勤してきた人が多く、同じ境遇ということで共感され、有利となるケースが多くありました。

もし、派遣社員に登録しても中々仕事が決まらないという人は、営業所を狙うのがおすすめです。

仕事探しの手間が省ける

派遣社員に登録すると、必ず派遣会社の営業担当がつきます。通常、転職する場合「職務経歴書の作成→就職先探し→面接→採用」という流れになります。

しかし、派遣社員の場合、これらは全て営業担当が代行してくれます。

派遣会社にもよると思いますが、私は面接時もほとんど発言することなく、いつの間にか仕事が決定していました。

産休・育休が取得可能

派遣社員でも 産休・育休を取ることは可能です。

産前と同じ派遣先で働くことは難しいですが、全国展開の派遣会社なら、たとえ育休中に引越ししたとしても、別の派遣先を探すことができます。

取得には1年以上の就労期間などの条件はありますが、意外と金額が大きいので、貰わないと損ですよ!
詳しい金額はこちらで確認してみて下さい。

あなたの産休・育休の期間と金額を自動計算します。

まとめ(転勤族妻におすすめの仕事)

・本当に仕事にしたい資格を取得する
・在宅ワークは今後必ず伸びる市場である
・派遣社員は転勤族の妻に合った働き方ができる


ランキングに参加しています!
にほんブログ村 子育てブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました