【業務スーパー】新商品のやわらか味噌煮豚は美味しい?煮豚と比較レポ

やわらか味噌煮業務スーパー

業務スーパーで新商品の「やわらか味噌煮」を購入しました。

気になる味は?
オススメの食べ方は?

ということで、商品の説明やわらか煮豚との違い食べた感想を正直にレビューします!

スポンサーリンク

やわらか味噌煮豚

やわらか味噌煮豚外装
【やわらか味噌煮豚】
名称:豚タンルート煮
価格:460円(税抜)
内容量:600g
製造者:宮城製粉株式会社

やわらか味噌煮豚は、600g/460円。2021年3月頃にでた新商品です。やわらか煮豚と同じ量・価格で販売されていました。 2種類あるので、どちらを購入するか迷うところ。さっそく比較レポします!

豚タンルートという舌の部位が使われているので、普段食べている角煮とは少し違います。脂身と弾力があって、ガッツリ食べたい時に重宝する商品です。

※タンルート(タンの根本)使用
タンルートとは、舌の裏側の部分で、弾力があるため挽肉にされることが多い部位。

製造者は、 宮城製粉株式会社。
業務スーパーの商品を数多く製造する会社で、「ぷち大福」「チュロス」「レトルトカレー」「炒飯の素」など幅広く製造しています。

やわらか味噌煮豚の原材料&カロリーを比較!

やわらか味噌煮豚の原材料はコチラ。

やわらか味噌煮豚原材料

米みそ、砂糖、水あめ、発酵調味料、食塩、ごま、ロースト醤油ペースト、にんにく、しょうがなど、様々な調味料が使われています。

やわらか煮豚原材料

やわらか煮豚は香辛料が入っているので、少しピリ辛ですが、味噌煮には香辛料が入っていないので、辛いのが苦手な方も食べることができます。

続いて、カロリーをチェック!

やわらか味噌煮豚カロリー
やわらか味噌煮豚→ 100g/221cal
やわらか煮豚→ 100g/219cal

煮豚と比較すると、味噌煮豚の方がカロリー高め。
ですが、そこまで差はありませんでした。

やわらか味噌煮豚の中身をチェック!

やわらか味噌煮豚中身

大きな塊が3つ入っていました。
漬け込みタレは、ジュレのように固まって入っています。

調理方法は、レンジで温めるか、湯せんかの2択です。
はじめに、薄切りにした味噌煮豚を約2分レンチンして味噌煮豚丼を作ってみました。

やわらか煮豚断面

脂身は多め。何度か購入していますが、脂身の多さは商品によって差がある気がします。

やわらか味噌煮丼

ネギと黄身を乗せて、味噌煮豚丼の完成!

やわらか味噌煮豚の気になる味は?

食べてみると、こってりとした味付けで美味しいです。味噌の風味もありますが、醤油も結構効いています。脂身は柔らかく、赤身の部分はしっかりと弾力があります。角煮といえば「肩」「バラ」で作られることが多いので、馴染みのある肉質とは少し違いますね。

やわらか煮豚と比べると、味噌煮はさらにこってりさせた感じ
卵と合わせたり、野菜炒めにするなら、やわらか味噌煮豚。
ルーロー飯にするなら、やわらか煮豚の方が使いやすいかな。

お子さんのいらっしゃるご家庭だと、辛みのない「やわらか味噌煮豚」の方が使いやすいようです。個人的にも味噌煮豚の方が美味しいと思いました。

やわらか味噌煮豚で野菜炒め

やわらか味噌煮豚炒め3

味噌煮豚に野菜を加えて、野菜炒めを作ってみました。

やわらか味噌煮豚炒め2

野菜を炒めた後に、味噌煮豚と一緒に入っているタレを加えます。お好みで、塩コショウや豆板醤で味付けすれば完成!業スーで購入した「極味味付塩こしょう」を使いました。

食べてみると、回鍋肉みたいな味!ピーマンを入れても美味しそうです。

やわらか味噌煮豚 まとめ

税抜金額:460円|内容量:600g|国産|おすすめ度:★★★☆

オススメ度は★3つ
煮豚と味噌煮、どちらを買うか迷うところです。

・600g/460円と安い
・賞味期限が、約2ヶ月と長い
・濃い味付けで、アレンジしやすい
・タンの根本の部位が使われているので、身が少し固い

人気まとめ記事は、こちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました